引っ越し時に忘れてはならない手続き

>

引っ越し時は忙しくなる

引っ越し前後には誰もが大きなイベントに直面している場合が多い。
高校・大学受験、就職活動または転職活動、結婚もあるだろう。
どのイベントにもそれ自体に大きな労力、時間、金瀬的な負担が必要になる。
そのため引っ越しにかける費用はなるべく少なくしたいということは切実である。
また引っ越し作業は本当やることがたくさんある。
しかしながらイベントの性質上、なかなか自分自身でイベントの時期を変えて都合のいい時期に行うことは難しい。
イベントの時期を変えることが出来ない以上、引っ越し日と準備期間を計画的に定めて効率よく行うしかない。
ライフラインへの連絡も含めて、最初の計画を立てる段階でもれのないようにきちんと行おう。

電気・ガス・水道だけじゃなく役所にもある

引っ越しに伴う連絡や手続きは、ライフラインだけではない。
多くの人々は引っ越しとなると、荷物の不要必要の確認と判別、荷物の梱包、入居後の荷解きがあげられるだろうが、様々な各所への連絡による手続きは電話一つで済むと思い込みなかなか取り組まずに土壇場で慌てて行う事態になってしまう。
住所が変わる時は住民票と住民税の変更手続き、国民健康保険の喪失手続きもある。
子供がいれば次の転校・転園先への手続きが必要になる。
生活を送る上で重要な医療や教育に対しての手続きは手続きが複雑な場合もあり時間がかかる可能性がある。
役所の手続きは形式が細かく決まっていて、融通がなかなか利かないので早めにすませてライフラインへの連絡を忘れないようにしよう。


忙しくなる前に早めに済ませる

この記事をシェアする