引っ越し時に忘れてはならない手続き

>

引っ越し日が決まったら停止のタイミング

引っ越しの予定が決まった場合は、今まで使用していた電気・ガス・水道といったライフラインへの解約手続きが必要である。
引っ越しの準備はなかなか時間を取るのが困難である。
自分自身の学校や職場での引き継ぎや準備に時間を追われてしまうだろう。
引っ越し業者の手配や荷物の梱包などを引っ越し期日までに完了することに追われてついついライフラインへの連絡は後回しになってしまう。
引っ越し日が直前に近づいて、あるいは当日になってからようやく気が付き慌てて停止の連絡をするとつい停止のタイミングを誤ってしまいがちである。
損をしたくないために退去日までにすべてのライフラインを停止させてしまう。
もしも退去日の後に引っ越しを行うと引っ越し当日に水や電気が使えず、後片付けや作業が効率が悪くなってしまいスムーズに終わることができなくなつ。

停止の方法は地域それぞれ

引っ越し日が確定したら、引っ越し当日までの準備期間と引っ越し日から新居への入居までの計画を立てることが大切である。
引っ越しはとにかくやることがたくさんある。
にもかかわらず、十分な時間が取れる場合はあまりないのが現状である。
慌ただしく荷物の梱包や不用品の処分から、役所や電話会社にも変更手続きが必要になる。
ライフラインへの連絡は原則、電話一本で済むために他の作業に追われていると特に後回しにしがちである。
しかし地域によっては立会いや連絡先が分かりづらい場合もあるので、引っ越し日直前に慌てて連絡しても希望通りの日に停止が出来ない可能性がある。
また実行されるまでの期間も地域によって多少の違いがある。
計画的に準備を進めていく上では早め早めに行い、余裕を持って行おう。


きちんと手続きをして余計な出費は出さないこと

この記事をシェアする