引っ越し時に忘れてはならない手続き

忘れてはいけない引っ越し時の電気・ガス・水道会社への連絡

きちんと手続きをして余計な出費は出さないこと

転居による電気・ガス・水道会社への連絡は、もともとの住居での使用を停止して新居への新規契約を引っ越し日と入居日のタイミングをしっかり計画する必要がある。 引っ越し日と退去日が同日であればあまり考える必要はないかもしれないが、引っ越し日よりも前に部屋を退去した場合には注意が必要である。

忙しくなる前に早めに済ませる

引っ越しには体力的な作業だけでなく、いろんな各所への連絡や手続きが必要となってくる。 固定電話の移動、駐車場の解約、住民票や住民税の移動手続きもあり、家族がいれば転校手続きまである。 引っ越し日までチェックリストを作り計画的に進めていくことで引っ越し作業に充てる時間をより多く取ることが出来る。

引っ越し時だけではなく新居の準備も忘れずに

引っ越し時のライフラインへの連絡は退去先の解約手続きだけではない。 引っ越し先の新居への新規契約も必要である。 工事や立会いが必要になるので日程の調整も必要になる。 引っ越し先へいって入居したにもかかわらず、日程が合わずに入居日にライフラインが使用出来ない事態となってしまう。

いつまで使用するのかを計画

引っ越し時に行うべき手続きの一つに水道・ガス・電気会社といったライフラインへの停止と新規契約手続きである。
引っ越し作業はとにかく労力と時間と費用が掛かるものだ。
だからこそ水道・ガス・電気会社への連絡をうっかり忘れて必要のない使用量を支払うのはとても負担が大きい。
しかし停止のタイミングを誤ってしまうと引っ越し費用だけでなく作業自体の進行も遅れてしまう。
引っ越し日と入居日は契約で事前にきまっているため進行の遅れはなんとしても避けなければならない。
もうそこで生活しないからもったいないと思い、水道・ガス・電気会社へ停止連絡を行った場合には引っ越し日に作業中、全くライフラインが使用できない。
引っ越し日に時間帯が早ければ問題はないが、遅くなってしまって暗くなってしまった場合には暗い中で重い荷物を搬送しなければならず、危険である。
また引っ越し後に後片付けをする際に水道が使えない、寒い時期に引っ越し作業をしていても暖かいお湯や暖房も一切使用できず、通常でも大変な作業がさらに重労働になってしまうので注意が必要である。
もしも入居先への水道・ガス・電気会社の新規契約手続きをギリギリに行い、入居日にライフラインが使用出来ない事態になってしまうと非常に困ったことになってしまうだろう。
遠方に引っ越した場合には、ホテルに宿泊する事態になってしまい余分な費用がかかってしまう。
そもそも引っ越しを行う動機が進学や就職、転職、結婚など人生の大きなイベントのために引っ越しを行う。
ただでさえ費用がかかってしまう時期に費用がかかってしまうのはこれから新生活を送る身にとっては負担が大きすぎる。
引っ越し先での手続き方法や日数もきちんと確認して引っ越しと入居を不便なく行うようにしよう。